スポーツ外傷、障害

あらかわ整骨院では全国レベルの高校柔道部を始め、総合格闘家、柔道実業団、プロサッカー選手の治療、トレーナー活動の経験が豊富です。豊富な経験から皆様のニーズに合った施術を行う事が可能です。

【スポーツ外傷】

試合が近くどうしても練習が休めない・・・だけど、テーピングの巻き方がわからない・・・、
そういったプレーヤーの皆さんをサポートします!
例えば横の動きが痛いからその動きは制限してほしい、でも縦の動きは出したいなど、
プレーヤーの要望に沿ったテーピングを提供します。
試合前のウォーミングアップ、コンディショニング、練習後試合後に自分でできるケア、処置の仕方などもアドバイスさせていただきます!
万が一骨折などが疑われる大きなケガでも提携医療機関でのすぐの検査が可能です。

【スポーツ障害】
部活動の中高生が苦戦しがちな
シンスプリント、オスグット、腰痛をはじめとするスポーツ障害
などのケアを得意とおります。

シンスプリント
シンスプリントととは脛骨過労性骨膜炎(けいこつかろうせいこつまくえん)」とも呼ばれ、すねの骨(脛骨)にくっ付いている骨膜と筋肉が炎症している状態です。
シンスプリントの直接原因は、すねの骨に繋がっている骨膜(ひらめ筋などの付着部)への過剰な負担、つまりオーバーユース(使い過ぎ)です。
その他にも扁平足があったり、股関節の動作不全など、連動した足の動きが失われる事で下腿部に負担がかかることも原因のひとつになります。
あらかわ整骨院では下腿部、大腿部をはじめとした脚の筋肉の緊張を取るのはもちろん、野球肘の時に話した様に股関節、腰、背中などの動きを出す事により脚への負担を少なくする身体づくりをサポートします。
また、コンプレフロスバンドを用いて筋肉の潤滑油を出してあげる事でより柔軟性のある下腿部へと仕上げていきます。

さらにレボックスを用い、患部の炎症を散らす事で早期回復、今後痛くなりにくい身体づくりをしていきます。
スネが痛くて満足に走れない、練習ができなくて悩んでいるみなさん、ぜひ一度あらかわ整骨院にご相談ください。


オスグット
オスグッドの原因は「太もも前面の筋肉の硬さ」にあります。
太もも前面の筋肉が異常に硬くなってしまったことで、膝の下の骨(脛骨粗面)をグイグイ引っ張ります。その引っ張りに耐えきれなくなった腱や骨に炎症や損傷が生じます。
オスグッドの痛みの正体は、その引っ張りによる牽引痛なのです。

⇒当院の施術の特徴
ほとんどの整骨院や治療院では、オスグッドの施術というと患部や大腿四頭筋 (太ももの筋肉)をマッサージしてあとはテーピングをすることが多いですが、オスグットは膝だけを施術してもよくはなりません。
膝と連動している筋肉が体には数カ所あります。膝とは全く関係のないような部位が本当の原因であることも多いです
オスグッドの原因は筋肉の硬さだけではありません。
特に重要なのが骨盤の関節(仙腸関節)と股関節の可動性です。
オスグッドの患者さんはこの仙腸関節と股関節の可動性が悪い傾向にあります。
当院では膝関節をはじめ関連する各関節や筋肉に稼働性、柔軟性を出すことでオスグットの改善に努めます。


腰痛
中高生で多くみられる腰痛で疲労骨折です。過度のスポーツや腰部の回旋(ひねる動き)などの負担によって、腰椎の後方部分が疲労骨折(分離)です。
これらが起こらないようなコンディショニングはもちろん、
なってしまってから復帰までの体幹トレーニング、ストレッチ法、
身体を整える当院独自の整体、矯正により腰に負担のかかりにくい体作りをサポートします!